旅行・地域

2009年5月16日 (土)

62. レッチェンタール(3)ライゼゲペック

レッチェンタールを訪れる人へ、忘れてならぬ注意事項が一つあります。
スーツケースを送るときです。ライゼゲペック制度はご存知でしょう。
鉄道の駅で(私鉄、国鉄を問わず)切符を見せ、目的駅まで荷物を託送する制度で旅行者に喜ばれています。
最近は合理化の一環として大幅に変わっています。そこら辺の体験記は下記を参考にして下さい。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/hirodas/schweiz32_gepak01.html

私のレッチェンタールでの体験は制度変更の前のことですが、今でも変わりないと思います。

この谷への交通機関はバスのみです。勿論ライゼゲペックは使えます。
しかし、郵便バス(Post Auto)なので「郵便局」のある停留所にしか届けられません。となると、ホテル選びも大変です。(手荷物の無い場合は別ですが。)ファフラーアルプには郵便局はありません。

ホテルについて控えを出して、もらって来てくれと受付にサービス頼んでも
郵便局が遠ければ大変です。
郵便局は24時間営業ではありません。この谷では正午から午後5時までです。
ホテルと郵便局は村の仲間同士ですから、営業時間外でも受け取りは話し合えるでしょう。

問題は発送時です。ホテルは郵便局で手荷物につける「タグ(荷札)」を買って来いといいます。
スイスパスを示して10フラン払えば呉れます。このとき正しい到着駅を言わないと変なところへ行ってします。チューリッヒ空港へ送るとき空港駅の名前を正しく書いてないといけません。
チューリッヒ空港は Zurich Flughafen (u はウムラウト)
郵便局の係りの人は念のため駅名の本を調べ、タグを作ってくれました。
出発の朝、ホテルはタグのついたスーツケースを郵便局の前に持って行きました。バスの運転士がそれを見てバスに積み込むわけです。
田舎のバスでですから目的駅で受け取る前日の朝発送するなど余裕ある手続きが原則です。

ゴッペンシュタインまでバスに乗せてもらい、駅で手続きは出来ますが接続列車に間に合うかが問題です。

この谷に来る旅行者は殆どが日帰りでしょう。
宿泊される方はくれぐれもご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

3. 旅の基本

時間が自由になりスイス旅行を考えている方が多いと思います。自分で計画を立て好きな所へ行く「個人旅行」は実に楽しいですが、始めての方は不安です。


そんなときはパック旅行から始めるといいです。慣れてくるとオプションの付いたパックにトライして、最後に個人、グループにされるのが良いでしょう。

詳しいノウハウや行き先の細かい案内は、ガイドブックやネット検索を調べて下さい。ここではガイダンスをちょっぴり述べるに留めます。

とかく勘違いし易いのが日程です。現地で何日間過せるかを知らないと大変です。
日本に朝帰っても日程は1日です。
帰るときは空港に行くのに準備やらで1日かかります。スイスからの帰国は夜行便になるので帰りに2日要ります。
「スイス8日間の旅」と謳ったパックがある場合、現地では5日間の日程です。

スイスはマルチリンガルの国と前回述べました。しかし旅行者は英語を知っていればOKといいますが、問題があります。
地名、駅名、看板などは「英語」で表記していません。現地の言語です。
ドイツ語、フランス語、イタリア語の読み方くらいは知っていると役に立ちます。

旅行用の単語をカードに書いて持ち歩くと便利かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)