« 2009年11月 | トップページ

2010年5月

2010年5月27日 (木)

104 カストル、ポルックス

リスカムの右にツベリング氷河がありますが、その右に小さな双子の山が見えます。左がカストル(Castor 4223m)右がポルックス(Pollux 4092m)です。Monterosaliskacastorpoll

天空の星座に「ふたご座」がありカストルとポルックスが主星として明るく輝いています。それになぞらえこの山もふたご座の名前を付けたのでしょう。
写真ではリスカムの手前に黒いパンケーキ状のシュヴァルツェホルン(黒い山 3306m)が目障りですが我慢しましょう。
リスカムからカストル、ポルックスを通り右手のブライトホルンの稜線はイタリアとの国境です。Castorpollux

星座の伝説ではカストルとポルックスは白鳥に姿を変えた大神ゼウスの双子の息子でした。
二人とも仲がよく兄カストルは乗馬の名手、弟ポルックスは名ボクサーでした。
ところが兄は戦争で亡くなり悲しんだ弟は兄の後を追い死のうとしましたが、不死身の生まれゆえ死ねません。ゼウスに頼み不死身を解いてもらい兄と一緒にふたご座になったとか・・・。
天空の兄弟のロマンに重ね小さな双子の山を眺めて下さい。

| | コメント (2)

2010年5月18日 (火)

103 リスカム

モンテローザの右に見えるのが「リスカム」です。Photo
端正な白銀の山で標高4527m。ヴァリス山系の「銀の鞍」と呼ばれています。
この山は東側から見ると「銀の鞍」が良く判ると言われます。
(写真では奥の尖ったピークがテッペンです。)

われわれ素人にはサイトの情報を頼るしかありません。
Google Earth でかすかに想像できます。

下記サイトでモンテローザから望んだリスカムを参照ください。

http://www.summitpost.org/view_object.php?object_id=26819&context_id=150274


http://www.geocities.jp/doujin_siki/photogallery/html/gallery10.html

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ