« 93. ヴェンゲンに着いた | トップページ | 95. ユンウフラウヨッホ »

2009年7月10日 (金)

94. クライネシャイデック

Photo 6月23日(水)早朝はラウターブルンネン谷にガスがかかり、ヴェンゲンは雲の上の感じです。
8時30分のクライネ・シャイデック行きの電車、ほぼ満員。6名は進行方向右側に席を取りカメラを構えます。

Photo_2 村はずれのアルプには、牛の群れがカウベルを響かせています。待望のスイスにやってきたという気分に浸ることが出来ます。

Photo_3 ヴェンゲルンアルプ手前で大きく左カーブすると、ユングフラウの全山容が威圧感を持って目前に現れましたが、ガスに包まれてぼんやりしているなは残念です。
クライネシャイデックでは殆どの人が乗り換えました。グリンデルワルトから上って来た電車も全員が乗り換えました。

駅に残っているのは我々6人だけ。ク駅の周りをうろつきました。天気があまり良くなく山もボヤーッ
としているが目の前にみるアイガー、メンヒは顎を突き出して見上げねばなりません。
「ハッチャン、ファインダーに入りきらんヤロ」と冷やかすと「ヒヤー、ハイナ」と嬉しい返事が帰ってきます。

新田次郎のパネルの上の方に、なだらかな広い場所がありそこへ上り、ロケーションを案内し、土地勘を養ってもらいました。

WAB鉄道(ヴェンゲン・アルプ・バーン)は勾配がきつく、アプト式ラックレールを使っています。
坂を上がるときも下るときも動力車は必ず下側に位置しています。もしもの時は動力車のラックレールと噛み合う歯車が車輌全体を支えてくれ暴走を食止めるからです。
ヴェンゲンを通って上って来る電車はクライネシャイデックで必ず折り返します。グリンデルワルトへは降りていきません。何故なら上りでは動力車は最後尾です。グリンデルワルトへ下るときは先頭に
動力車がいないといけません。
グリンデルワルトから上ってくる電車も同じです。クライネシャイデックで折り返します。
途中のグルンドでは動力車の位置を入れ替えるためスイッチバックをして、グリンデルワルトへは最後尾から押して上っていきます。従ってWABはグリンデルワルトからヴェンゲンを通りラウターブルンネンへ行く直通電車はなく、クライネシャイデックのホームは
矢鱈長いのは何故かと考えたらこんな次第でした。

メンリッヘン方面への道、小高いところのレストランがあります。ここはクライネシャイデックを見下ろす絶好のポイントでベルナーオーバーランドの三山は勿論、電車の行き来まで眺められます。
展望櫓に登ればグリンデルワルトの眺望も抜群ですが、今日は曇っている上に風が強く無理です。
レストランの中に入り一休みしました。
午前中だから客は6名だけ。若いママさんに纏い付くように幼い男の子が柱の影から変な外国語を話す一行を覗いていました。
折り鶴を作ってあげたらというと、ハッチャンの相棒がビリビリとメモ帳を破り、またたくまに出来た大小3羽の折り鶴を手渡すと男の子はニッコリ。やがて、テーブルのそばに来るようになりました。 ママさんに聞くと3歳とか。可愛いい盛りです。

Photo_4 下りの電車、アルピグレンを過ぎる頃空が明るくなって来ました。

Photo_5 線路の側の花も黄色が目立ち、

グリンデルワルトの村も見えてきました。

Photo_6

グリンデルワルト日本語観光案内所はすぐ判ります。しかし通りに面して入口はありません。
初めてだからまごつきます。銀行の横から入ります。ここはスイスなのだが、東京や大阪のツーリストに来たかと惑うほど日本語が溢れています。ポスター、掲示、パンフレット、それに飛び交う言葉に心細い日本人には仏に会った気分になるでしょう。

「あらあら、お世話になっています」と所長夫人の挨拶に、やぎさんはご機嫌です。
夫人の親戚と大阪で懇意にしており「スイスに行ったらここへ行け、が合言葉です」と和やかです。
所長は外出中で2時に会う約束をしました。

昼食にラクレットを食べたいと誰かが言い出し、手頃な店の紹介を頼んだら「ホテル・グラシエ(Glacier)」のラクレットがよろしいと。
そこのメニュには無く、ここの紹介の「特別メニュ」になっているとかで、
すぐ予約をしてもらい、案内図を頼りに道を下ると15分ほど到着しました。
グルンドの近くでアイガーが目の前に見上げられる良い場所で案内され席に着いたらすぐ料理が出てきました。

大きい皿にチーズを融かして広げ、周りに茹でたじゃが芋を花びらのように並べてあり、チーズ嫌いの日本人の口にも合う味で、癖が全くありません。
チーズ好きの「通」には少し物足りないかも知れませんが・・・。

ホテル・グラシエ独自の味付けだといいます。

14時前やぎさんと別れヴェンゲンに戻ることとしました。グルンドまで電車に乗り、ゴンドラでメンリッヘンへ、そこからロープウエイを乗り継ぎます。
最終便の一つ手前17時発に間に合わせました。このルートが一番早いです。

Jungflau_evening_glow  この日、ユングフラウの美しい夕焼けが部屋のベランダから眺められました。茜色に輝く山肌は数分で終わりましたが、明日の好天の前兆とみな喜びました。

(ユングフラウの夕焼け)

Breitohorn_evening_glow_2 (ブライトホルンの夕焼け)

|

« 93. ヴェンゲンに着いた | トップページ | 95. ユンウフラウヨッホ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 93. ヴェンゲンに着いた | トップページ | 95. ユンウフラウヨッホ »