« 92. ヴェンゲンへ出発 | トップページ | 94. クライネシャイデック »

2009年7月 6日 (月)

93. ヴェンゲンに着いた

6月22日、ヴェンゲンには12時頃着きました。ホテルアイガーは駅の直ぐ側です。
Hotel チェックイン時ホテルの旦那の英語でまごついているとママさんがハーイと言ってやって来ました。
部屋割りは、3階の並びの3部屋、これは良さそうとニコニコです。
ホテルの地下(といっても駅と地続き)に一般用のレストランがあります。地元でも結構有名で多くの観光客が利用しています。


昼食を終わってレストランから出るとユングフラウの姿が2/3見えています。スイスはじめてのはっちゃんと友達の二人はこりゃ凄いと大喜び。大急ぎで部屋に入りハイキングの服装に着替えて集まりました。

Pass1 滞在期間中に世話になる「ユングフラウパス」を買いに駅へ急ぎます。グリンデルワルト地区の鉄道、ロープウエイ、バスに乗れる定期券です。
窓口でスイスパスを示して「ユングフラウ・パス、フロム・ツデイ」と言うと
お兄さん使える路線の説明をしてくれました。

スイスパス所持者は190フランが140フランに割引されます。(有効期間は27日まで)
VISAカードを出したら外の電卓みたいな読取機に差し込めといいます。係員はカードを手にしなくてもガラスの外で手続き出来るわけです。
他の人は現金を200フランをターンテーブルの手前側に置き、係員はパスとお釣りの60フランをガラス窓の向う側に置き、くるりと廻してお互いが受け取ります。
駅で切符を買う標準のやりかたですが、はっちゃんと友達は始めて。文化の違いに「眼」をぱちくりです。

メンリッヘン行きのロープウエイ駅では「パス」を改札機に入れるとバーが回転
して前に進めます。バーはじっとしていても動きません。体で押さないと回転しません。
最初は戸惑いましたがやがてスイスイと・・・

メンリッヘンに上っておったまげました。残雪が多く、夏が来てません。

曇天で墨絵のようではあるが連山の輪郭は読み取れます。アイガー、メンヒは・・ウン、わかるわかる。
Photo ユングフラウは8割しか見えません。

Photo_2 東のヴェッターホルン、シュレックホルンは良く判り、アイガー、メンヒは輪郭がハッキリしています。

Photo_3

はっちゃんはスイスの山並みに腰を抜かして、「夢に見たあこがれの山だぁ~」
「ナミダが出て来るぅ~」感極まって声が上ずります。

「はっちゃんよ、感激はまだ早いよ、晴れて来たらどうなる。失神するよ」
と言えば、「エエっ。もっとよくなる? 失神したい。捨て置かれてもエエ。」

ロケーションを説明しよう、と皆を集め、これから行く予定の場所を指して説明しました。
グリンデルワルト、ユングフラウ・ヨッホ、ミューレン等々。

はっちゃんとカミサン景色は見ないで花ばかし探しています。しゃがみこんだら動きません。
Photo_4 カミサンは「花が少ない」とブツブツ。「白と青の花ばかしで黄色が少ない」
残雪多く夏が来てないので黄色が少ないのです。

|

« 92. ヴェンゲンへ出発 | トップページ | 94. クライネシャイデック »

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 92. ヴェンゲンへ出発 | トップページ | 94. クライネシャイデック »