« 58. エッシネン湖 | トップページ | 60. レッチェンタール(1)あらまし »

2009年5月13日 (水)

59. レッチェベルグトンネル

カンデルシュテークはトゥーン湖の西、シュピーツから南へ延びるカンデル谷の最奥にある村です。
エッシネン湖やブリュムリスアルプよりも。レッチェネベルグトンネルで有名です。

Photo
レッチェベルグトンネルを知らなくても、カートレーンの始発駅といえば頷かれるでしょう。

このトンネルはスイスのアルプス山脈を貫き、ベルナーオーバーラントとローヌ谷を結ぶ重要ルートで、ゴッペンシュタインとカンデルシュテック間14.6kmの鉄道専用トンネルです。

1913年から列車が運行され複線トンネル1本の構成です。
自動車は2600mもあるアルプスを越えられません。開放構造の貨車に自動車を乗り込み、利用者は乗ったまま運びます。

000040

乗り入れの駅は、通常の鉄道駅の南2km程の所にあり、看板が出ています。

000038 000037

列車が到着して自動車が降りて来るのを待ちます。

乗り入れると先着順に貨車の上を前方に移動します。乗用車はスムースに乗り込みますが、バスは難儀です。両脇のフェンスとの間は30cm位しかありません。運転士の腕の見せ所でそろりそろりと走って行きます。

000036

車間を取って停止しますが、車止めはありません。ブレーキをかけたまま。

000039

列車は発車すると徐々にスピードを上げます。トンネル通過は20分位ですが、その間はバスの車内照明はなし。真っ暗です。スイスですからBGMにヨーデルはかけてくれますが、乗客はシーンとしています。
時折すれ違う列車のヘッドライトが見えるくらい。

000034

出口が見えてくるとホットします。

レッチュベルクトンネルはカーブを描いており、またカンデルシュテ-クに入る前に、ループ線が2つあり列車の高速運行に向かないこと、車両限界が狭いため貨物輸送に不利なことから、スイス政府はこのトンネルの下400mのレッチュベルクベーストンネルを建設し、07年12月から使用しています。
入り口はカンデルシュテークの手前、フルティンゲン、出口はブリークの手前ラロンになっており、長さは34.6km。時速250kmで走り抜けるとか・・・

カートレインの様子をムービーにしました。下記をご覧下さい。

http://www52.tok2.com/home/bokkei3/garalley/car_train.htm

|

« 58. エッシネン湖 | トップページ | 60. レッチェンタール(1)あらまし »

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 59. レッチェベルグトンネル:

« 58. エッシネン湖 | トップページ | 60. レッチェンタール(1)あらまし »