« 49. グリムゼル峠ーローヌとアーレの分水嶺 | トップページ | 51. エッギスホルン展望台 »

2009年5月 3日 (日)

50. グレッチ自然道

フルカ峠の西にあるローヌ氷河の下からグリムゼル峠入り口にかけての
窪地がグレッチ湿地帯で、グレッチ自然道に指定されています。

Photo
GoogleEarth でその地形を見るとローヌ氷河の真下であるのが判ります。

Glacier_du_rhc3b4neverkehr03

1870_2

その昔、17世紀はじめ、氷河は自然道入り口まで末端が延びていたといわれています。

Photo_2
氷河末端の絵画や写真の記録が残されていて、大勢の人が馬車に乗って泊りがけで見物に来たと伝えられます。

000028

入り口には看板が立ち、入場無料、係りの人はいません。また中の花の標識や説明もありません。

000029

2km先にはローヌ氷河、フルカ峠の下り道が仰ぎ見られます。
よちよち歩きの幅1m程のローヌ川のせせらぎが聞こえる程度で静かな1本道が奥まで続いています。

000014

000025

000015

000018

|

« 49. グリムゼル峠ーローヌとアーレの分水嶺 | トップページ | 51. エッギスホルン展望台 »

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

カジノですかァ……
それはちょっといただけませんねぇ

僕は94年にサース・フェー
90年、97年にツェルマットに行きました

投稿: Ritchie | 2009年5月14日 (木) 21時43分

Ritchieさん

コメント有難うございました。
返答遅れすみません。

96年、98年に行きましたが、温暖化のためフェー氷河の変化大きく驚きました。

ツェルマットは俗化がひどく、カジノも出来たとか・・・
(怒)

投稿: ぼっけい | 2009年5月14日 (木) 20時30分

お久しぶりです!

サース・フェー懐かしいです
ツェルマットより、こちらのほうが俗されていなくて
スイスの山の村としては魅力的ですね
ただ、リゾートとしてみればツェルマットに軍配が上りますね
どちらも素敵な村でしたが、今はどんな風になっているんでしょうか……
また、行ってみたいです~~(笑)

投稿: Ritchie | 2009年5月14日 (木) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50. グレッチ自然道:

« 49. グリムゼル峠ーローヌとアーレの分水嶺 | トップページ | 51. エッギスホルン展望台 »