« 51. エッギスホルン展望台 | トップページ | 53. フェー氷河 »

2009年5月 5日 (火)

52. アレッチ氷河

ベットマーアルプはアレッチ氷河を見ながらハイキングする基地の一つになっています。氷河左岸の崖につけた小道を辿って下ります。

Photo

ガイド図もはっきりしなく、スイス通のネット仲間が、親切に届けてくださった絵図を頼りにしていました。ベットマーアルプから登るロープウエイ乗り場でたまたま詳しいハイキング地図を見つけ買いました。
7月16日朝、朝食のとき居合わせた日本人の客がその地図を見て、歩き方を教えてくれました。
斜面を下り、下りきって湖に出て、ぐるりと廻りローヌ谷右岸に出てキューボデンに出るルートでした。
私たちは池まで下り引き返す予定でしたが、急遽変更、アドバイス通りに大回りコースを選びました。

Guide

ロープウエイといっても2人乗のテレキャビンは10分程でベットマーホルン展望台へ着きます。
ここから落差800mの下り道です。目的地はメルイェレン湖。昨日登ったエッギスホルンの真下。
約2時間の道のりです。

Hike01

道幅はおよそ1m、小石の落石があちこちに転がっています。そろり、そろりと下ります。

Aletch_gracier_20sec 
眼の下の氷河のクレバス(割れ目)がハッキリしてきました。撮影するときは足元を固めてからにします。

Aletch_gr_w
アレッチホルンが見えてきました。ここら辺で氷河面まで200mくらい。クレバスも大きき見えるようになりました。割れ目には融水が流れています。

Hike21

Hike20
突然放牧の山羊の群れが現れました。食べ物をねだって寄ってきます。「紙を隠せ!」と誰かが叫びました。暴れたら大変、逃げ場がない、思わず恐怖心が走りました。

Hike24_2

ぼつぼつ記念撮影、足元を確保して立ち止まりますが、崖沿いに身を寄せています。身を守る本能でしょ
う。氷河面まで20m位です。

Hike26

メルイェレン湖に着きました。氷河面と眼線の高さが同じです。
にここで氷河の側面が50mほど切れています。側圧が開放され横ずれして崩れています。
荒れ狂った様は地獄の1丁目の感じです。

Hike35

Hike29

Hike37

昔は湖一体が氷で覆われていたのかも知れません。氷河が流れるときに一緒にながれた石が岩をこすった跡が見られます。

Hike38

メルイェレン湖は綿すげの名所だと本に書いてありました。一面の花に見とれ和みます。
近くの山小屋で昼食。ローヌ川右岸への道を探します。

Fischer_gr

途中、フィッシャー氷河が谷の向こうに現れました。予期せぬ光景にビックリ。

それからキューボデンまで1時間半、ベットマーアルプまでは昨日と同じ道です。

【注】山小屋からトンネルを抜ける近道があるのを知ったのは帰国してからでした。そこを
通るとフィッシャー氷河は見えません。

|

« 51. エッギスホルン展望台 | トップページ | 53. フェー氷河 »

氷河」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 52. アレッチ氷河:

« 51. エッギスホルン展望台 | トップページ | 53. フェー氷河 »