« 44. アンデルマット | トップページ | 46. サン・ゴッタルド峠 »

2009年4月28日 (火)

45. 悪魔の橋・シェレネン渓谷

000027 アンデルマットは氷河急行のツェルマット、サンモリッツのほぼ中間点になります。
上り下りの氷河急行がすれ違います。サンモリッツ方面にはチューリッヒからの乗客がドット乗り込みます。
南北が立体交差するので、ゲッシネンで乗り換え側線にあたる私鉄で一駅上って来ます。
発車したサンモリッツ行きがオーバーパル峠に差し掛かる急坂を登っていくのを若い駅長が見送っています。
側線にあたるサンゴッタルト鉄道の支線はシェレネン渓谷を10分程で上って来ますが、雪崩止めの半トンネルのため渓谷の景色は見られません。

Akuma01 イタリヤからスイスを通りドイツへ行く街道の難所が2箇所ありました。
スイスアルプス山岳地帯を越えるサン・ゴッタルド峠とシェーレネン峡谷でした。峠を越えては来たものの、アンデルマットのすぐ北に花崗岩の岩壁が切り立つ深い谷が待ち構えていました。ロイス川が削り取って深い谷になり道は危険な谷底を通っていました。


ここに伝わる伝説は有名で、この谷には、何回となく架橋が試みられましたが深い谷ゆえに難工事で挫折していました。13世紀ころ、困り果てたとき悪魔が工事を手伝うと申し出ましたが、最初に渡るものを生贄に差し出せという条件でした。村人が困り果てている内に橋は3日で完成してしまいました。ある知恵者が一計を案じ山羊を追い立てて橋を渡り、生贄にどうぞと言ったといいます。

Akuma

橋のたもとの壁にその伝説を伝えるモザイク画が残っています。

000034 Akuma02

1830年に新しい橋が直ぐ上に建設され街道は移され、岸壁を貫くトンネルの入り口には悪魔と山羊のイラストが赤くペイントされてます。悪魔の橋は旧道と共に残されアンデルマットの名所になっています。

Akuma03_2

シェーレネン峡谷へ行くにはアンデルマットから1km北へ歩いて行きます。踏切を渡り車道沿いの歩道を辿りますが、一本道で判り易いです。
悪魔の橋は地図上ではTeufel Br(トイフェル・ブリュツケ)。


ロイス川(ルツェルンのカペル橋へと続いている)は歩道と並行して流れますが、峡谷に差し掛かると急な滝になり流れ落ちます。旧道は車道橋のたもとで分岐し坂道を下りUターンして車道橋の下をくぐって右折し悪魔の橋を渡ります。頑丈なアーチ橋で幅も広く手摺越に下を覗けば谷の深さにゾッとします。

Keikoku18_2

橋を渡ると断崖絶壁が覆い被さるように迫ってくるのが判りますが、午前中は薄暗く不気味です。両岸の断崖の間を縫うように曲がると突然視界が広がり谷が開け明るくなります。

Keikoku14

電車からは谷の様子はトンネルに遮られ見えません。歩く人だけが峡谷美を堪能できるところです。

Keikoku27_2

旧歩道はやがて渓谷の中に入り川沿いに下ります。車道は九十九折の道をそろりと辿りゲシネンに
入ります。

Keikoku24_4

Keikoku21

Keikoku25

Keikoku22

|

« 44. アンデルマット | トップページ | 46. サン・ゴッタルド峠 »

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 45. 悪魔の橋・シェレネン渓谷:

« 44. アンデルマット | トップページ | 46. サン・ゴッタルド峠 »