« 40. ルツェルン(6)ピラトゥス | トップページ | 42. エンゲルベルグ »

2009年4月22日 (水)

41. ピラトゥス鉄道

ルツェルンからインターラーケンへ行く鉄道で普通車に乗り約16分4つ目のアルプナッハシュタート駅の傍にピラトゥス鉄道の駅があります。
世界一の急坂を登る鉄道として超有名です。勾配は480‰(ミリパール)、1000m行くと480m登ることで、角度にすると約26度です。

Platus2
山の麓駅に平行四辺形をした車輌が見えケーブルカーと見間違えますが、ワイヤーロープで引っ張るのでなく単独で登攀します。

Roha 線路の真ん中に第三の軌道を設けるラックレール方式の内ローハー式で、軌道の両側から歯車を噛み合わせ夫々のモーターに繋いでいます。駅前の広場にその模型を展示しています。

Pilatus_15
改札口にはヨーロッパ言語のほか日、中、韓の8カ国で「ピラトス山で楽しいひとときをお過ごし下さい」と歓迎の看板が掲げられています。

Pilatus_21
ホームはケーブルカー乗り場と同じで階段になっていて、電車の席はケーブルカーと同じで階段状に
なっています。電車は3輌いますが発車は1両毎で間隔を置いて走ります。

出発して程なく急勾配に差し掛かります。中間駅では下る電車とすれ違いをしますが、乗客は下ろしません。

Pilatus_16
線路を切り替えるポイントは無く、スライド式のターンテーブルをずらして切り替えます。

Table2

Table11

Pilatus_28
樹林を過ぎると広いアルプにでますが、線路の枕木は無く土台の柱に直接取り付けるというやや乱暴な
方式です。
やがて正面に岩山の崖が現れ、へばり付くように平行四辺形の電車が登るのが見えます。
先に発車した電車です。

Pilatus_29

後ろを振り返るとアルプの中を追いかけて来る車輌が見えます

Pilatus_27
トンネルを潜り岩壁に取り付くと真下が見えます。レールの下に支柱をつけ岩壁に取り付ける荒業で窓の下は岩壁で思わずゾーットします。

Pilatus_26_2 壁を右に曲がると程なく終点で山頂のホテルがデンと控えています。

Pilatus_25

終点の改札にも歓迎の8カ国語の看板が出迎えてくれます。30分の旅です。

|

« 40. ルツェルン(6)ピラトゥス | トップページ | 42. エンゲルベルグ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 41. ピラトゥス鉄道:

« 40. ルツェルン(6)ピラトゥス | トップページ | 42. エンゲルベルグ »