« 9. マッターホルン(5) | トップページ | 11. マッタ-ホルン(7) »

2009年2月19日 (木)

10. マッターホルン(6)

マッターホルはツェルマットの何処の位置から見るのが一番美しいか議論する人がいます。マッターホルンのファンなのです。

この山は略4角錐で4つの稜線を作っています。Google Mapで地形図を見て見ましょう。

Matterhorn

その内東壁と北壁がツェルマットから見上げられます。

東壁、北壁とその膨らみがバランス良く見える場所が美しいと言われます。
ガイドブックではスネガ展望台か見るのが一番美しいと言っています。
一度でもツェルマットヘ行った事のある人はリッフェルベルグからと言います。
北壁の膨らみがないオムスビの形に見えるのが接近して見上げたシュバルツゼーからの眺めです。


東壁の正三角形の形が良いのだと主張すのはゴルナーグラートが好きな人です。
甲論乙駁、主張は尽きませんが、はて、比較した見ましょうか。

8通りの顔を比べてみました。ホームページに載せています。

後で気づいたのですが、スネガからロープウエイを二つ乗り継いで着いた
場所、ウンターロートホルンからの遠望があります。
ゴルナーグラートと略同じ高さからの眺めですが、背が高く感じます。

From_unterrothorn

アクセサリー付きのマッターホルンも絵になります。樹木越し、湖面に映る逆さマッターホルン、教会越し、滝と鉄橋越しなどがありますがこの次にしましょう。

|

« 9. マッターホルン(5) | トップページ | 11. マッタ-ホルン(7) »

アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10. マッターホルン(6):

« 9. マッターホルン(5) | トップページ | 11. マッタ-ホルン(7) »