« 14. ゴルナーグラート物語(上) | トップページ | 16. 氷河急行(上) »

2009年2月27日 (金)

15. ゴルナーグラート物語(下)

一番電車は午前8時前、ツェルマットからの折り返しが発車します。情報では2つ下のリッフェルベルグからゴルナーグラートまで雪で不通です。
昨夜騒動のあった団体はグリンデルワルトへ移動する予定ですが電車が来ないと動けません。
倒れたご婦人は早く下界へ降ろすと、ケロリと回復するのですが焦っても仕方がありません。

私たちは今日はツェルマット滞在で夕方麓へ降りれば良いので天気回復までロビー兼休憩所で粘ることにしました。
午前8時過ぎ、一人の青年が汗を拭きながらやって来てそばに腰を下ろしました。リッフェルベルグで電車は折り返すのでそこから歩いて登ってきたとのこと。とに角終点まで行こうと来たのです。
事情が判りかけました。アプト式ラックレールに雪が挟まり凍って歯車が噛み合わないのです。融けるまで待つしかありません。

9時過ぎやっと開通しほっと一息。宿泊客は次々と下りて行きました。そして登りの客が次々とやって来ます。
しかし、周りはガスが立ちこめ何も見えません。

(モンテローザ)Photo_14

(ツヴィリング氷河)Photo_15

(ゴルナーグラート駅)Photo_16

360度のパノラマが見渡せる天下のゴルナーグラートは台無しです。やって来た観光客は休憩所に入り休むしかありません。売っている暖かい飲み物と飲みTVに映る「ツール・ド・フランス」の自転車レースを見るだけです。そして時間が来ると降りて行きました。

午後2時過ぎ私たちも腰を上げました。周りはまだ霞んでいます。駅には電車が着いていますが
駅前の広場は人はまばらです。

駅の写真何とかならんか、と考えたのがJavaApllet、雪の降る景色になります

さて、晴れた日の様子は次に示します。

2_9

2_10

Photo_17

|

« 14. ゴルナーグラート物語(上) | トップページ | 16. 氷河急行(上) »

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15. ゴルナーグラート物語(下):

« 14. ゴルナーグラート物語(上) | トップページ | 16. 氷河急行(上) »