« 4. パックか個人か | トップページ | 6. マッターホルン(2) »

2009年2月12日 (木)

5. マッターホルン(1)

ツェルマットへ行く人はマッターホルンを仰ぎ見るのを夢見ています。
三角形の全部が見えて満足します。地元の人に言わせると年間80%は
見えるようです。
場所は違いますがユングフラウがテッペンまで見える確立は10%以下です。
それ程見える確率が高くても見えないときがあります。
晴れているのにこの山のテッペンだけが雲に隠れるときがあります。テッペンが見えなければただの「やま」です。
時間と金を掛けてやって来て見えなかったら「旅費返せ」と言いたくなります。

ツアーで初めてツェルマットに来たとき、見えるのかなと一同がわくわくしていました。
1_welcom

テッシュで電車に乗り換え、進行方向左側に陣取り今か今かと心待ちにしてツェルマット駅に着く手前チラリとみえたとき、車内にドット歓声が沸きました。近くに居た外国の人が訝しそうにこちらを睨んでいました。


それから3日間ずっと見えており、しまいには「もう見飽きた」と贅沢な
声も聞かれました。
ツェルマットには都合4回行きましたが全部見えました。麓では雷が鳴るほどの
時雨でしたが山はなんとも無かったときもあります。

|

« 4. パックか個人か | トップページ | 6. マッターホルン(2) »

アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5. マッターホルン(1):

« 4. パックか個人か | トップページ | 6. マッターホルン(2) »